旭川あずま通信

旭川市議会議員 あずま直人のブログ 

アクセス
あずま直人事務所
〒078-8312 北海道旭川市神楽岡2条6丁目4-16 コリーヌⅠ 202号
電話/FAX:0166-66-6676
あずま携帯:090-8171-3247
公式HP:http://www.azumanaoto.jp
フェイスブック:https://www.facebook.com/n.azuma.office

議案第25号 旭川市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例改正案に対する意見

 私は、本議案に賛成します。以下、理由を述べます。

 

 先ほどの質疑で申し上げた通り、本議案には、議会の独立性が損なわれる懸念がありました。近年、地方議会が行政の追認機関になっているという批判があり、立法機関と行政機関の距離が近づき過ぎることへの懸念が背景にあります。

 

 ただ、三権分立や二元代表制といった民主政治の枠組みに支えられている議会の独立性は、理念として不断に追求するべきですが、一方で、目の前の地方自治の現実を無視するわけにもいきません。国政と違い、財源や人員の制約の中で、立法機関と行政機関が部分的に相手の機能や資源を活用することで、任務を果たせている現実があります。それを否定して完全な独立性にこだわることは、大きな非効率を生み、様々な環境の変化に対応する力をそぐことになるでしょう。

提案議員からの答弁で、議会意思に基づく改正が可能であることを確認しました。個々の議員の意識により、行政側との適切な距離が保たれることを信じたいと思います。

続きを読む

賛否両論が交錯/ポプラ伐採の市民説明会開く

◆旭川市、説明の場を継続へ

 

 「この並木に愛着があり、アカゲラもエゾリスもすんでいる。切らないでほしい」「いや、危険な木は早く、全部切ってほしい。緑よりも安心安全だ」「本当に危険な木だけを切り、残りは様子をみてはどうか」…。

P20181220ポプラ市民説明会旭川市が緑が丘・神楽岡地区で街路樹のポプラなど64本の伐採を計画している問題で、20日夜、初の市民説明会が近くの会館で開かれた。歳の瀬の夜にもかかわらず、住民約50人が詰め掛けた。市の担当者が資料を使って老朽木が倒れる危険性を説明したところ、出席者からは賛否両論の発言が相次いだ。

続きを読む

旭川市副市長「長期的に街路樹の維持、保全に努める」/市議会「ポプラ審議」

 旭川市のポプラなど64本の樹木伐採計画が13日、市議会で取り上げられた。市は倒木の未然防止を強調し、大量伐採に理解を求めたうえで、岡田政勝副市長が「長期的な視点で、街路樹の維持、保全、形成に努めてまいります」と述べた。


P20181213一般質問あずま あずま直人(無所属)の一般質問に対する答弁=写真。市の土木部長は、①これまで大きな事故はないが、台風などの時に枝が折れ、沿線住民から不安の声が寄せられている②対象の木は腐っていたんでおり、延命措置は困難③残るドロノキとアカマツが生長するので、生態系への影響は小さい――と説明。大量伐採を疑問視する環境団体とは、今後も対話していく姿勢を示した。

続きを読む

デザイン都市旭川についても質問します/木曜日の本会議で

P旭川市議場201806【告知】旭川市の12月議会が開催中です。11日から、幅広いテーマを扱う一般質問が始まりました。14人の議員が順番に質問に立ちます。

あずまの質問は3日目の13日(木曜)午前。ポプラの大量伐採計画のほか、「ユネスコ・デザイン都市構想」について取り上げます。この構想は、デザインの先進都市として旭川のブランド価値を高めようというもので、P20181130市議会棟西川将人市長が先月の市長選挙で公約に掲げました。まずは市長自身に考えを語ってもらい、担当部局には実現までの道筋や課題を聞きます。
 質問開始は午前
10時半過ぎか11時前後の見込みです。

 

議会のインターネット生中継と録画映像はこちら→ http://www.kensakusystem.jp/asahikawa-vod/index.html

 

並木全部が消滅するわけではないが…/58%減をどう考える?

◆旭川市のポプラ伐採問題続報


 
緑が丘・神楽岡のポプラ伐採問題で注意したいのは、並木全部が消滅するわけではないことです。伐採本数は合計64本(ポプラ62本、ドロノキ2本)と一度としては大量で、2列の並木のうち北側のポプラの列は1本を残してなくなります。一方、南側のドロノキの列は45本が残ります。P雪の並木20181210ポプラとドロノキの混合林がドロノキ並木に変わるというイメージでしょうか。(※)

そのため、市の土木部は「緑は保たれる」と主張しています。そのへんをどう評価すべきかが難しい。伐採予定のポプラの中には、素人が見ても弱々しい木があり、自然保護団体の関係者もこうした木は伐採もやむを得ないと言っています。

ただ、高木全体の本数は110本から46本へと58%も減るため、P冬の並木20181127風景としてはやはり寂しくなりそうです。

伐採前後で風景がどう変わるのか。「ビフォー・アフター」の想像図を住民に示せないか。生態系への影響も調べられないか。市の説明力が問われます。13日木曜の市議会で、こうした点を質問してみようと思います。

※ほかに背の低いアカマツが約50本あります。

 

続きを読む
プロフィール

あずま直人