旭川あずま通信

元旭川市議会議員 あずま直人のブログ 

アクセス
東 直人
〒078-8312 北海道旭川市神楽岡2条6丁目4-16 コリーヌⅠ 202号
電話/FAX:0166-66-6676
あずま携帯:090-8171-3247
フェイスブック:https://www.facebook.com/n.azuma.office

6年ぶりの新副市長に赤岡氏/教育長には黒蕨氏

◆旭川市人事、西川市政の新布陣

 

 旭川市の新しい副市長に赤岡昌弘教育長(60)が、後任の教育長に黒蕨(くろわらび)真一・政策担当部長(57)が就く人事が、11日決まりました。新しい副市長が誕生するのは、2012年12月の岡田政勝氏(66)以来、6年4か月ぶり。教育長の交代は1612月以来、2年4か月ぶりです。

P赤岡副市長就任挨拶20190411就任日は両氏とも12日。表憲章副市長(70)を含め、西川市政の新しい布陣がスタートします。

これは岡田前副市長が3月末に退任したことに伴う人事です。11日の臨時市議会で、西川将人市長から両氏を起用する提案があり、全会一致で同意されました。

続きを読む

明日、1日だけの臨時議会――最後まで質問します

 旭川市議会の平成31年第1回臨時議会が、あす11日木曜に一日だけ開かれます。来月1日に議員の任期が終わりますので、これが私にとって最後の議会。最後まで手を抜かず、質問をいたします(テーマはプレミアム商品券について)。

P旭川市総合庁舎20190410臨時議会は午前10時から。新しい副市長と教育長を決める人事案のほか、補正予算案や条例改正案などが審議されます。ほとんどが国の今年度予算成立や法改正によるものです。
 私は、低所得者と子育て世帯に向けて10月から発行されるプレミアム商品券について質問します。補正予算案に発行費用が約6億円盛り込まれています。10月の消費税率引き上げ後の消費下支えのため、国が自治体と協力して全国的に行う政策です。私は、商品券の仕組みや利用者の混乱防止対策などを聞くつもりです。

次の日曜日(14日)には、新しい市議を選ぶ選挙戦が始まります。投票日は21日です。私は立候補しませんが、任期満了までは議員の職にありますので、しっかり仕事します。

 

*議案一覧はこちら→

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/council/6400/6430/d054891.html

 

 

 

春を告げるサケの放流

 旭川の春を告げる「サケ出発式&カムイチェプ・ノミ」が、今年も一昨日の日曜日(3月31日)、ツインハープ橋下の忠別川河川敷(旭川市旭神)で開かれました。小さな子供たちら約160人の市民が参加。私も行ってきました。


P20190331サケ放流 大雪と石狩の自然を守る会などが主催しました。旭川チカップニアイヌ民族文化保存会(川村兼一会長)や守る会のメンバーらが、祭壇を前にアイヌ民族の伝統儀式をして神に感謝しました。続いて幼稚園児や小学生らが育てた体長4センチ前後の稚魚、約5000匹を、「行ってらっしゃい」の掛け声で一斉に川に放流しました。



続きを読む

議会の意見まとまらず/旭川大学 市立化問題の最終報告

◆2年議論した末に 市長に下駄預ける

旭川市議会の第1回定例議会最終日の22日、私立旭川大学を市立化すべきかどうかを2年間議論してきた特別委員会の最終報告があった。旭川市が市立大学を設置することの利点を認めながら、旭川大学の市立化については委員たちの意見が最後まで割れ、是非についての意思をはっきり示せない報告となった。議会が西川市長に下駄を預けた格好だ。P20190322大学特委最終報告市長は4月にも判断を下す可能性がある。

最終報告は本会議場の演壇で、中川明雄委員長が読み上げた。

続きを読む

旭川大学の市立化等調査特別委員会 調査報告書


 平成29年第1回定例会において、本特別委員会に付託された旭川大学の市立化等に関する調査について、次のとおり調査報告をする。

 平成31年3月15

 

旭川市議会

議長 杉山允孝様

 

旭川大学の市立化等調査特別委員会

委員長 中川明雄

 

1 調査経過

 平成29年3月24日から平成31年3月15日までの間、都合24回にわたり本特別委員会を開催し、慎重に調査を行った。


 (1)委員会の開催状況(略)
 (2)懇談会(略)

 

2 調査結果

 

旭川市が大学を設置した場合の利点として、若者の流出抑制や圏域外からの人材流入、学費等の負担軽減による進学先の選択肢拡大などがあるという点では、認識は一致したところである。

 しかしながら、財政的な見地から見ると旭川大学の既存施設等を活用することが最も現実的かつ合理的であり、同大学の市立化を積極的に推進すべきであるとの意見がある一方で、大学経営の見通しなどに不確定要素が多いため現時点での同大学の市立化の判断は困難であるとの意見や、多くの課題が解消されていないので同大学の市立化は断念すべきであるとの意見もあったことから、本特別委員会として意見を集約することは見送らざるを得ないとの結論に至った。

 なお、本調査事件に関し、各会派及び無所属委員から別紙のとおり意見が示された。

 

別紙

 (略)

プロフィール

あずま直人